座間味島ダイビング★

沖縄本島の南西に位置するケラマ諸島。
その島々の周辺には、100以上のダイビングスポットがあり、
地形、砂地、魚の種類・数、透明度の高さ等、
ダイビングにおいて、ダイバーの望むもののすべてが揃っているダイビングエリアです。
このあたりは台風が来ない限り、必ずどこかに潜れるポイントがあるので、
1年を通して、ダイビングを楽しむことが出来ますよ!

ケラマの中でも、バラクーダ等の回遊魚やマンタ、地形スポットまで、
幅広く楽しめる島、それが座間味島です。
ダイバーに人気のウミガメが多く生息していて、
ウミガメと並んで一緒に泳げるチャンスがとても高い場所です。

ここでは、ボートエントリーが主流で、比較的流れも穏やかなので、
初級者から上級者まで楽しめるポイントがいくつも揃っています。
男岩や島の北側にある洞窟等の地形を楽しめる知志、
安室島の東にある2つ並んだ岩の周囲に何層にも重なったテーブルサンゴの群生している
安室牛瀬等のポイントが有名です。
ダイビングポイントは、変化に富み、ダイバーのわがままにきちんと答えてくれるのが、
この島の魅力の1つとなっています!

どのポイントにも座間味港からボートで約15分、1番遠いポイントの下曽根でも約30分で到着します。
ボートに弱い方でも船酔いの心配がないので、安心してダイビングを楽しむことが出来ますよ!
港からポイントが近いので、1本潜ると港へ戻るパターンが多いことも座間味の特徴です。
座間味で1度潜ってしまうと、座間味の虜になり、リピーターになってしまうそうです。
海の中の綺麗さに圧倒されて、感動しっぱなしですよ!

また、12月後半から3月いっぱいまでがシーズンのケラマにやってくる
ザトウクジラのホエールウォッチングも出来ます。
クジラを間近で見られるなんて素晴らしいですよね!ベストなシーズンは2月後半から、3月上旬まで。
クジラをよく見られるかどうかは、天候に左右されることが多いので、
必ず晴れて、風のない日に見に行きましょう!
ダイビングだけでなく、他のオプションも一度に楽しめる座間味島で、
わがままになって、思いっきり遊んでみませんか?

座間味島ダイビングについて詳しくはこちら


2012.11.09
TOP
<< 1 >> 1ページ中1ページ目